トップページ > 製品紹介 > シリコーン(Q)
シリコーンゴムについて
シロキサン結合を骨格とした有機ケイ素材料であり、その構造ゆえに耐寒性、耐熱性、耐候性、電気特性、衛生性など
多くの特異な性質をもっています。シリコーンゴムのタイプにもいくつかあり、ジメチルシリコーン(MQ)、
メチルビニルシリコーン(VMQ)、メチルフェニルシリコーン(PVMQ)、フロロシリコーン(FVMQ)などに分けられます。
それぞれのタイプは先述の材質特性の中で優劣が分かれます。また加硫形態にも違いがあります
(加熱加硫型or室温硬化型、ミラブル型or液状型、有機化酸化物加硫or付加反応加硫orその他加硫など)。
それぞれの用途に応じて使用するタイプが変わってきます。

他の材質に比べて構造が特異であることから自動車関連、医療機器関連はじめ、食品関連部品、電気・電子機器、
給湯システム、産業機械関連など多岐にわたって使用されております。
主にミラブル型シリコーンを使用しておりますが、別途液状タイプ成形専用設備も保有しており、医療関連用ゴム製品を
主体に取り扱っております。

藤倉ゴム株式会社関連リンク

バナー

メールフォームへ