トップページ > 製品紹介 > パーフロロポリエーテルゴム

パーフロロポリエーテルゴム(FO)

パーフロロポリエーテルゴム(FO)について
パーフロロポリエーテルゴムは従来のゴム材料の性能上の欠点をあらゆる面で改良した全く
新しいタイプのフッ素系ゴム材料です。極めて広い温度範囲での使用が可能であると同時に耐油性、
耐燃料油性、耐溶剤性、耐薬品性、耐摩耗性、低粘着性、耐抽出性、耐揮発性、電気絶縁性、
耐圧縮永久歪性、難燃性、耐温度依存性、耐オゾン性、耐候性などゴム材料に要求される多くの特性
をもれなく満足し得る材料です。
従来のゴム材料で性能上の問題を抱えられている場合、使用環境の厳しさからゴムそのものの採用を
あきらめようとされている場合、あるいは半永久的に補修や交換の手間を省きたいとお考えになられている場合
などにはお勧めの材料です。

藤倉ゴムのパーフロロポリエーテルゴム
*従来フッ素ゴムの耐寒性・耐薬品性改良や粘着対策に効果的です。
*従来の耐寒フッ素ゴムのさらなる耐寒性・耐薬品性改良に効果的です。
*耐薬品性フッ素ゴムの低コスト化及び耐寒性改良に効果的です。
*フロロシリコーンゴム(FVMQ)の耐ガス透過性改良、耐薬品性改良、揮発ガス対策に効果的です。
自動車関連用ダイヤフラム(耐薬品性、耐熱性、耐寒性)や人工透析装置用Oリング(耐抽出性)に多くの実績がございます。
また、LIM成形注)による成形手法をとっているめため、成形サイクル時間の短縮化、
異物混入防止など多くの面において他材質より優位であります。

注)LIM成形
LIMとは「Liquid Injection Molding」の頭文字をとったもので、常温で液状の原料(一般的に2液)を一定の比率で混合し、
高温の金型に射出成形し加熱硬化させる成形方法です。
材料は従来硬化時間が射出成形のスピードに対応出来るシリコーンゴムに限られていましたが、
最近では他材料でも成形可能となり、また多数個取り生産も可能なことから利用範囲が広がっています。

パーフロロポリエーテルゴムの長所 
・耐熱性
・耐油性
・耐溶剤性
・耐薬品性
・耐オゾン性
・耐寒性

パーフロロポリエーテルゴムの主な用途
・ダイヤフラム(自動車燃料系)
・Oリング(自動車燃料系)
・プリンタインクポンプ用シール材

藤倉ゴム株式会社関連リンク

バナー

メールフォームへ