トップページ > 製品紹介 > LIM

LIM (リム)

LIM

LIMとはLiquid Injection Molding の頭文字をとったもので、液状の原料(一般的に2液)を一定の比率で混合し、
高温の金型に射出成形し加熱硬化させる成形方法です。
材料は従来硬化時間が射出成形のスピードに対応出来るシリコーンゴムに限られていましたが、
最近ではシリコーンゴム以外の材料もラインナップされています。

LIMシステムの特徴として一般的に4つの優位性があります。
①工程を短縮化
  液状シリコーンゴムを付加反応で硬化させるため、硬化速度が速く、成形時間を短縮化すること
  ができます。

②生産性を向上
  材料が液状のため、低射出圧での成形が可能で、精密な部品の成形にも対応できます。
  A/B 二液の混合が正確に行われ、異物混入の可能性も少なく、高品質で効率のよい成形が可能です。

③成形を自動化
  ノーバリ、ランナーレス成形にも対応でき、硬化後の離型性にも優れるため成形工程を自動化
  することができます。短いサイクルタイムでの連続自動成形も可能です。

④環境への負荷が少ない
  硬化反応による副生成物がなく、ノーバリ、ランナーレス成形により廃材の処理が不要で、
  環境に優しい製造が可能です。


藤倉ゴムのLIM

弊社のLIMシステム導入は1983年に医療用パッキン向けに生産を開始し、1990年代から住宅用機器ゴム部品
(洗濯機部品、風呂内リモコンパッキン等)へ展開、2000年よりはシリコーンゴム以外の液状フッ素ゴム
(SF:スーパーフジクラフレックス)新材料による生産を開始。主に自動車関連の燃料バルブや駆動系
(自動変速機)バルブのゴム部品に採用されています。

弊社の特徴として生産ラインはクリーンルーム内(一部は準クリーンルーム)で管理されており、
医療用部品から一般産業資材ゴム部品まで様々な用途に対して
ご満足頂ける製品を提供できる環境を保有しております。

藤倉ゴム株式会社関連リンク

バナー

メールフォームへ