トップページ > 製品紹介 > 熱膨張断熱ゴム

熱膨張断熱ゴム

熱膨張ゴムとは、ある一定の温度になると膨張する性能を持たせたゴムです。
高温時に膨張することによって、熱の伝播抑制や、電池セルなどに設置して
万一の熱暴走による被害を最小限に抑えます。






⇒カタログダウンロード

熱膨張断熱ゴムの特徴


高温で膨張し、膨張後は膨張形状を維持します。
優れた難燃性を持ちます。




膨張開始温度、膨張率が調整可能です。
開始温度範囲:約230~300℃
倍率範囲:約700~3000%(400℃時)





使用環境に合わせて、NBR・フッ素・シリコーンなど各種ゴムからの材料選定が可能です。膨張タイプのほかに、非膨張タイプもあります。
⇒カタログダウンロード


目次へ戻る


熱膨張ゴムの用途例


自動車用電池セル間などに設置して、万一の熱暴走による被害を最小限に抑えます。




住宅のあらゆる隙間に設置して万一の火災時に延焼を最小限に抑えます。




住宅以外にも自動車や鉄道車両、金庫などに設置して火災による被害を最小限に抑えます。


⇒カタログダウンロード
目次へ戻る


断熱ゴムについて


膨張タイプのほかに非膨張タイプもあり、断熱熱用途として使用できます。
非膨張タイプも様々な形状に成形可能で、高温環境下で高い断熱性能を発揮します。またゴムの弾性により、他の材質よりも応力による破損が起きにくいという特徴があります。
⇒カタログダウンロード


目次へ戻る


問い合わせ先


お電話:03-3527-8572(熱膨張ゴムについて、工業用品営業部までとお伝えください)
メール:メールでお問い合わせの場合はこちらから
所在地:〒135-0063東京都江東区有明3-5-7TOC有明イーストタワー10階


目次へ戻る

藤倉ゴム株式会社関連リンク

バナー

メールフォームへ